小泉武夫さん プロフィール

農学博士(専門は醸造学・発酵学・食文化論)。福島県の酒造家に生まれ、一貫して発酵を中心とする食文化を研究してきた学者であり、世界を旅して何でも食べる健啖家。東京農業大学名誉教授。『冒険する舌——怪食紀行秘蔵写真集』『くさいはうまい』『不味い』『日本酒ルネッサンス』『絶倫食』『土の話』『猟師の肉は腐らない』など140冊以上の著書がある。日本経済新聞に「食あれば楽あり」を25年間連載中。