古典が足りない、と思っていました。

こころや、からだや、きもちの隙間に、

あるいは、生活や、世の中ぜんたいに。

渇いたのどをうるおすように、

古典という水をごくごくのみほしたい。

なにしろ、古典という水はこの世界に

たっぷり埋蔵されているのですから!



こちらは2020年までの
「ほぼ日の学校」のページです。

2021年以降の「ほぼ日の學校」のページをご覧になる場合は、下記をクリックしてください。

「ほぼ日の學校」のページへ