岡ノ谷一夫さん プロフィール

動物行動学者。東京大学教授。慶應義塾大学文学部卒業後、米メリーランド大学大学院で博士号取得。理化学研究所脳科学総合研究センター生物言語研究チーム・リーダーなどを経て、2010年より東京大学総合文化研究科教授。小鳥のうたの進化と機構から人間言語の起源についてのヒントを得る研究で知られる。『「つながり」の進化生物学』『脳に心が読めるか?——心の進化を知るための90冊』『言語の誕生を科学する』(小川洋子さんとの共著)など著書多数。1959年生まれ。写真で手にしているのは、シェイクスピアの時代に庶民が持っていたものと同じ型の「ルネッサンスギター」。