万葉集講座 
第8回 永田和宏さん

人はなぜ歌を詠むのか

永田和宏さんの

プロフィール

この講座について

万葉集講座の第4回にも登壇してくださった、歌人の永田和宏さんを「さばき手」として、99人の受講生みんなで歌仙を巻きました。(連歌を詠むことを「巻く」と言うそうです。)歌仙を巻くのは人生初体験、という方が大半の受講生の皆さんも夢中になった歌仙の奥深い世界、ぜひ一緒におたのしみください。

講義ノート

※この授業に、講義ノートはつきません。

受講生の感想

  • 最初は言葉がなかなか浮かんできませんでしたが、
    徐々に普段使わない脳細胞が刺激されたのか、
    ふっと言葉が閃いた瞬間に感動しました。

  • ぜひまた誰かと歌仙を巻いてみたいと思いました。
    傍に日本酒とつまみがあると最高に楽しそうです!

  • 歌仙楽しかったです。
    まったく歌を知らず、作れなかったのに、
    なんとか形になるようになり、
    知ればしる程に知らないを知り、
    知りたくなる。

  • 永田さんは、とかく現代の文化が自分一人に向き合って結果窮屈になってきている中、同じ場を共有することで広がっていく楽しさ、無駄と思われるようなもの中から生まれる文化の大切さについて語られて、その語りも言葉も面白い夜でした。